結婚式の招待状のマナーと衣装の生地選びの重要性を理解しよう!

招待状を結婚式場に依頼する場合のスケジュール

結婚式に出席することが決まると、手元に送られてくる招待状。送付元は新郎新婦それぞれの住所であったり、新居の住所になっていますが、実はほとんどの招待状は結婚式場から発送されています。“招待状作り”を挙式プランに含めている結婚式場が多いからです。招待状の作成を結婚式場に依頼することを検討しているなら、招待客の住所録を遅くとも挙式日の3か月前までには式場に提出するようにしましょう。招待客からの返信期間に余裕を持たせるために、挙式日の2か月くらい前に招待状を投函するのが正しいマナーだからです。

着る人の体型とドレスの生地は密接に関係している

衣装選びではデザインやカラーばかりを重視して、生地を軽視してしまうカップルがいます。しかし衣装のなかでも特にウエディングドレスは生地が見る人の印象を大きく左右しているのです。たとえば上半身が華奢な女性は、立体感のあるチュール素材を選べば華奢な上半身がカバーされて、歩くたびに見る人に躍動感を感じさせる効果があります。高身長でスリムな女性はハリのある素材を選んで、縦ラインのスタイルを強調しましょう。高身長ならではの上品なシルエットを演出できますよ。ちょっとポッチャリ体型の女性には、レースもしくはとろみ素材がおすすめです。レースやとろみ素材は体型をあまり強調しないので、華美すぎないナチュラルな装いが叶います。デザインやカラーはもちろん重要ですが、自分の体型を美しく見せてくれる生地を把握できれば、衣装選びがより一層盤石になりますよ。

神戸の結婚式場はゲストハウスが人気です。施設を貸し切り、広大な庭や水辺などのロケーションが参加者を盛り上げてくれます。

You may also like...