コンセプトウェディングを行うメリットとデメリット

コンセプトウェディングとは何か?メリットとは?

コンセプトウェディングとは、自分たちで創作意欲溢れる結婚式にすることと定義されています。例えば、通常のウェディングドレスではなく海外の民族衣装を着た式を挙げるといったことや、和モダンと呼ばれる和の要素を取り入れた挙式を上げることなど、自分たちらしい挙式を挙げる方法は多数存在しています。自分たちで一から考えてすべてを仕上げていく、ある意味ひとつの作品のような結婚式となるでしょう。メリットとしては既成の概念にとらわれず、2人だからこそできる挙式や披露宴となることです。出席者の席次だけではなく料理の品数や引き出物の数、演出の多さなども自分たちで決められるため、理想としている挙式ができるでしょう。仮装をモチーフにした式や、ゲームをモチーフにした式など、実施された式は多数存在しています。

コンセプトウェディングにはデメリットもある

コンセプトウェディングは自分たちだけのオリジナリティあふれる挙式を行えるのがメリットですが、デメリットもあるため、回避できるように慎重に行動してください。最も大きなデメリットは予算が追いつくかどうかです。壮大なコンセプトを打ち立てても予算の範囲に収まらなければできません。予算の範囲内ででき、なおかつ理想のコンセプト通りに仕上がる式にすることが必要となるため、式場の担当者やパートナーとよく話し合いましょう。また、式場によっては希望しているコンセプトが実現不可能な場合もあります。実現可能な式場を見つけるよう努力することで、理想通りの式が可能です。また、内容によっては出席者を絞り込まなければならず、呼びたいと思える人数よりはるかに少ない場合も少なくありません。その場合は本当に呼びたい人のみを絞り込んでください。

名古屋の結婚式場で最近人気が高まっているのはゲストハウス。テイストは会場によって様々。例えば、開放感ある高い天井のチャペルや、水と緑に囲まれたガーデンなど。二人のカラーに合った式場が選べそうですね。

You may also like...